病院紹介 糖尿病教室 受診される方へ リンク
Dr.紹介 栄養指導 リクルート
診療設備   禁煙外来       次世代育成支援
             

禁煙外来
2006年4月から禁煙治療が保険適用されることになりました。これは喫煙を単なる習慣や嗜好と考えるのではなく、
ニコチン依存症という病気としてとらえ、必要な治療を行うという考え方です。治療は一定の条件を満たした喫煙者なら、
どなたでも受けることができます。 当院では2006年8月より禁煙外来を開始しました。


どんな治療をするの?

ニコチンパッチ チャンピックス錠 治療内容
治療前の問診・診療 治療前の問診・診療 禁煙治療のための条件の確認
初回診療 初回診療 ① 診察 
② 呼気一酸化炭素濃度の測定 
③ 禁煙の実行、継続に向けてのアドバイス 
④ ニコチンパッチ・チャンピックス錠の処方
再診1(2週間後) 再診1(2週間後)
再診2(4週間後) 再診2(4週間後)
再診3(8週間後) 再診3(8週間後)
再診4(12週間後) 再診4(12週間後)



費用はいくらかかるの?

 
ニコチンパッチ チャンピックス錠
 
  3割 2割 1割   3割 2割 1割
初回診療 パッチ14枚処方 2,670円 1,770円 890円 チャンピックス14日分処方 2,610円 1,750円 870円
再診1
(2週間後)
パッチ14枚処方

2,530円

1,680円

840円 チャンピックス14日分処方 3,070円

2,240円

1,020円
再診2
(4週間後)
パッチ28枚処方 3,890円 2,600円 1290円 チャンピックス28日分処方 5,170円 3,450円 1,720円
再診3
(8週間後)
処方なし 550円 370円 180円 チャンピックス28日分処方 5,170円 3,450円 1,720円
再診4
(12週間後)
処方なし 540円 360円 180円 処方なし 540円 360円 180円
(注1)上記の料金は、ニコチンパッチ・チャンピックスの料金を含みます。 
     診察料(3割…初診料850円・再診料390円)
          (1割…初診料280円・再診料130円)は別途必要です。
(注2)保険適用は禁煙外来開始から12週間です。
          その後1年間(開始日より)は保険適用外です。


禁煙の薬ってどんな薬?
 禁煙のための補助薬であるニコチンパッチ、チャンピックス錠、ニコチンガムが使えます。
この薬は、禁煙後の離脱症状をおさえ、禁煙を助けてくれます。薬を使うと禁煙の成功率が約2倍高まります。
禁煙のための補助薬であるニコチンパッチ、チャンピックス錠、ニコチンガムが使えます。この薬は、禁煙後の離脱症状をおさえ、
禁煙を助けてくれます。薬を使うと禁煙の成功率が約2倍高まります。
 
ニコチンパッチ(ニコチネルTTS)
 ニコチンパッチは喫煙本数の多いヘビースモーカーに効果が高いといわれています。 
タバコを吸いたくなったら貼って、寝る前にははがします。パッチを貼って5分後から効果が出てきて、
タバコが欲しいという気持ちがなくなります。

 
当院で処方します。
        
毎日1枚皮膚に貼ります。 
皮膚からニコチンが吸収されます。 
パッチのサイズは禁煙の時期に合わせて
大、中、小の3種類あります。
 
 
メーカーの禁煙サポートサイトはこちら→ ノバルティス『いい禁煙』
 
チャンピックス錠
チャンピックスは日本で初めてのニコチンを含まない 12週間投与する経口禁煙補助薬です。 禁煙の開始予定日を
決めその1週間前から服用します。 8日目に禁煙を開始します。  
 
当院で処方します。
第1日~3日目は0.5mgを1日1回食後に経口投与、 
第4日~7日目は0.5mgを1日2回朝夕食後に経口投与、
第8日目以降は1mgを1日2回朝夕食後に経口投与。
 
 
メーカーの禁煙サポートサイトはこちら→ ファイザー『すぐ禁煙』
 
当院 禁煙外来での禁煙成功率はニコチネルTTS・チャンピックス錠あわせて50%です。


禁煙治療に関する問診票
当院では、禁煙治療をご希望の方向けの問診票を用意しております。
右のPDFファイルを印刷後、記入して当院にお持ちください。 
 
 


 
 
 
 
 


 
 
 
 
Copyright (C) 2012 Higashi Diabetes and Cardiovascular Clinic. All Rights Reserved.